2017年

4月

18日

やっと医療産業実用化などへ体制見直し 〜 同時に150人の研究機関撤退表明 ?

神戸医療産業は早々他都市に先行して

      医療研究機関医療施設医療関連企業などを中心に

                   集積の努力を続けてきた結果

      日本最大規模医療クラスターに成長してきました    

 

しかし、今日まで

毎年多額の資金投入しながら

             神戸市事業化への運営なされず 

                          集積していくこと目的化して

                                                   

〜  まるで奉仕活動のよう 〜 でありました!!

P M D A  (  独立行政法人  医薬品医療機器総合機構 

===  医薬品・医療機器・再生医療など

製品の承認審査安全対策健康被害救済

の3つの業務を行う組織  ===

神戸誘致に走り回った頃より

    ◇  研究機関や企業とともに開発から事業化へと

    ◇  手数料収入なども含めて収益性のあるサポートをすることで

    ◇  神戸市とともに それぞれが成長出来き

    ◇  新たな医療産業への投資体制などに強化

していくべきと再三申し上げてきました

 

P M D A の関係者からも 〜〜〜

          神戸市研究機関企業契約を結び

          積極的な開発支援や手続きなどのサービスに対して 

          費用負担して頂くべきとのアドバイスもありました

神戸新聞より
神戸新聞より

 

そのためにはP M D A

    前向きな審査指導協力頂けるとの事でしたので

        収益見通しが難しい研究開発事業化などは

            △    少しでもリスク回避の可能性と

               神戸市との連携が安心感

            繋がっていくと思いました

 

しかしながら

       ===    それでも神戸市動かず    ===

医療産業全体運営資金投入の支援を続けてきたことで 〜

かえって医療産業として実質的な勢いが伸びなかったのでしょう ?

 

 

              やっとですよ〜 

                   気がつかれたのか ?  

                           やる気が出てきたのか ?

             

29年度より、組織体制の見直し

する事になりました!!

                                       

1    構想の全体調整と運営戦略強化

2    病院群の連携強化

3    実用化につながる研究の推進

4    企業の事業化支援の強化

 

            という4機能を打ち出したが ・・・

                       

どう思われます ?    

                                                   

当たり前の話でしょう 〜

神戸新聞より
神戸新聞より

特に 5〜10年神戸市実用化への事業展開遅れたことと

    昨今、製薬会社の経営状況が悪化しているところもある中で 

              各都市医療産業を推進

                    特に 3 、4  については当然動きだしております

 

遅まきながら、この度の

    先端医療振興財団の新たな推進組織立ち上げには評価します ︎

 

ただ 同時に、製薬大手・第一三共 の

  完全子会社アスビオファーマ( 要員150人 )が

  2 0 1 8 年3月末医療産業都市神戸ポートアイランから

撤退 ・・・                                      

                            という発表をされました

 

来春、 先端医療振興財団推進組織立ち上げ時期と  

                   ===  皮肉にも同時に  ===

 

  創薬での高い期待があったアスビオファーマの本社撤退

                      あまりにも厳しい現実であります

 

今後 、 神戸市がどれ程本気で戦える体制で動けるのか

 

                        唯一 職員さんの本気度が問われることになるでしょう

 

 

神戸市会議員 平野章三

Links