2016年

9月

19日

“  ちちんぷいぷい  ”  が、明石市を評価 〜 神戸と姫路に挟まれた明石の戦略!

 〜〜  明石市の生き残りをかけた メリハリのある政策展開  〜〜

           【  明石市に人が集まる理由  】

                        

 “  ちちんぷいぷい  “    の 番組で ・・・

      『  何処が住みよい街か  』  を選択する時

             

   都市方針をシンプルに、

   誰もにわかりやすく打ち出している

                        

明石市に注目されたようであります

            

   ☆  明石市の魅力について紹介  ☆

 

△  明石市駅前に建設されるタワーマンション

   完成前に完売

         

△  マダコの水揚げ量日本一 

     〜〜  B 1 グランプリ全国6位

         

△  関西唯一 『  人口  V  字 回復  』

 

明石市長 「 明石市は100%の市民に対して、まんべんない施策ではない !!

                  

===    あっちにも・こっちにもいい顔しない施策  ===

① 【  中学3年まで医療費が完全無料化( 所得制限なし)  】

② 【  第2子以降の保育料が完全無料化( 所得制限なし )】

  ・  保育所受け入れ1,000人増加を今年度中に  ・         

③ 【  駅前に本のビル( 市立図書館と大型書店で蔵書数日本一 ) 】

 

                        ===  子どもに優しい街は  〜  誰にでも優しい街  ===

 

            明石だけが突出して子育て層にとっては、魅力的に映っている ・・・

 

今後、5年の目標として  〜〜  

                                     

  “  明石のトリプルスリー  ”  を掲げ

            ⑴  人口を30万人にし〜( 中核市への移行 )

            ⑵  出生数を〜1年に3000人

            ⑶  本のまち1年に貸し出し数300万冊

 

 

そして、子育て中の主婦に、病院でインタビューすると

 

「 この日は医療費が無料だった 

    明石市と神戸市と色々比較して見たんですが

    子ども支援がわかりやすく、安心して引っ越しができた  」     

という 興味深い放映内容でありました

 

街の魅力

     人口の増減をバロメーターとして判断出来るほど重要であり

                             

行政の方針政策・戦略しだいで

                                       

今後 、都市間との格差もさらに影響してきます

                   

    兵庫県も転出超過止まらず 〜〜  

                                          さらに神戸市長も・・・

神戸市長

『  神戸を含め関西の人口が減少しているので、関西復権に支援をお願いしたい  』

  と、国からの支援に頼りすぎているようです  〜  が  ⁈

 

ただ・・・神戸開港150年事業 ・ 国の “ 企業版ふるさと納税 ”  認定などは  〜〜

     努力結果を評価でき対外的なアピール効果に大きな弾み !!!

 

できれば・・・            魅力ある神戸には  〜〜

【  国に支援を求める前に、神戸市独自の戦略を立ててからではないでしょうか  】

 政令指定都市神戸市  ]  と    [  姫路市  ]    に挟まれた

    【  明石市長  】  具体的な政治手腕

人口が年々増加

               

(  戦略を打ち出せない神戸市の将来人口は

大きく減少へ  ???  )

 

いやはや 〜            

 

神戸市は、なんとも残念な状況が続いていきます  〜〜〜

 

神戸市会議員 平野章三

Links