2015年

11月

16日

まちの活気がない神戸・行財政局は財源配分の甘さとマンネリ化の見直しへ!

テロ行為に強い衝撃と怒りを覚えます

「お亡くなりになられた方々に心より哀悼の意を表します」



予算編成で重要なのは、政策的経費を明確な方針のもと、有効活用出来るように

“  厳しい査定で財源配分を  ”しなければなりません


確かに、最近になって新長田南の活性化三宮周辺地区再整備など

やっと動きが少し見えてきましたが


===  神戸の将来を見据えた新規施策がなかなか打ち出せない  === 


のが現状であります


その為、新規施策など  《  効果的な予算配分が出来ていない  》のに

                           

~  その財源簡単に拡充事業に  ~ 

配分してしまっています

これでは、各局は政策的努力なくとも最終的に財源確保ができる事で

          ・・・職員さんの積極的な意欲も危機感も生まれてきません???


各局が本気で新規施策などの提案をしなければ、具体案が提示されるまで財源配分せず          「  基金や予備費に積む  」など厳しい査定をすべきであります

   


 神戸の未来に繋がる予算配分

              【  財政部としてもっと責任を持った政策判断をしていくべき  】

                                                                                  と10分間の質問を致しました


神戸市会議員 平野章三

Links