2015年

10月

09日

政活費問題の事情聴取で、証言の食い違いは、会派内抗争の影響があるのかも~

神戸新聞より
神戸新聞より

この度の政務活動費流用問題
      個人から “ 会派ぐるみ ” との疑惑浮上
      さらに具体的な裏金の収支を示したと言われる “ 裏帳簿の存在 ” も
                                                                                                      明らかになった

裏帳簿等の記載から不正流用されたと思われる金額としては                                 

合計3183万4825円なりますが ~


関係者の証言内容に多くの食い違いがあり、明確な解明に至っていないのが現状であります
 
しかし、会派ぐるみによる多額の裏金を捻出してきた事の重大さにより、9月14日9月15日 そして9月18日と関係者に時間制限なしで、事情聴取を行ってまいりました。

その中で、事情聴取による証言内容に多々食い違いがあり         
               

記憶にないわからない知らないかかわってない

                                                                        などの発言が目立っていました

しかし、その証言にも途中から疑問を感じるようになったのは

                    「 記憶にないわからない 」などと言いつつ


  ===  突然記憶が戻ったかのように間髪入れず明確に答えられる場面が  ===

 しばしばあったのが、不思議思えました


中でも、今後に影響がないとの事なのか、亡くなった市議名前は簡単にでますが、それ以外の 【  特定市議名前まで明確に発言される事  】に違和感を感じました

その結果、自身の発言が記事になる事は問題ないでしょうが、名指しされた場合の証言が正しいのか確認されないまま、直後に名前写真が大きく報道されています

果たして
      裁判所でもないのに、もし別に裏事情があったのならば~~
      この様な事情聴取の方法で問題なかったのか、非常に気がかりであります!

何故なら、想像ですがこの問題の根幹

                                    ▼    激しい会派抗争  ▲

                                            が影響しているのではないかと感じたからであります

今春の統一地方選挙後、党の中で二つの会派に分かれていたのが、2人を残して会派合併したことは
                           

~ この経緯に相当複雑駆け引きがあるのか
                                                                     

そして今も続いているかもしれません

そのため、検討会での質問内容を切り替え、2人残して別会派と合併した経緯を伺ったが  《  いつもと違う歯切れの悪さ  》 で、回答を得る事が出来ませんでした

議会では議長副議長委員長などの役職確保のため、会派勢力を伸ばす事が大きく影響しますので、もし
     
        ===  この様な複雑な人間関係での駆け引きが行われていたならば  ===                       
                           

それぞれの 証言の信ぴょう性疑惑解明には限界があるでしょう

このように~本質的な問題が潜んでいるかもしれませんので~検討会メンバー

                                    ☆  兵庫県警本部に告発する事に同意を致しました


尚 証拠として、収入支出金額が特定でき、領収書が存在するものに限定した結果、告発不正使用金額2,075万4,671円であります。
 
ただ、引き続き解明の努力をしつつ
                        『  今後は政務活動費に関する再発防止策の協議  』
                                                                                                を進めてまいります
 

 

神戸市会議員 平野章三

Links