2015年

7月

10日

話題に上がってこない神戸市 ‼︎    各都市それぞれ魅力を打ち出す中・・

海外から神戸にお客様が来られたら西は姫路城・東は京都へ案内する事があります〜                     

それが満足頂ける 『 安全コースです 』 ・・・

 

ところで“神戸の魅力ってなんだろう~ と思ったりしながら中々案内先のイメージが浮かんでこないのであります。

何処に、どんな流れで半日、1日と組み立てればよいのか!?


そして、観光地としてそれぞれとしては選択できますがなかなかに繋がっていかないのであります。


== 京都市の戦略と努力 ==


 2年連続1位を獲得できた高評化について京都市は

屋外広告物の規制による街並み改善や、公衆無線LAN拡大など、外国人観光客の受け入れ観光整備の向上が要因の一つと分析している

神戸新聞より
神戸新聞より

例えば多くのカフェレストラン街の中、ワインやケーキなどで語らいながら
  

“  そこにはミュージシャンが集まり、いつも音楽など楽しめるような ”

 〜  そんな神戸らしさが醸し出させる  〜
                                               

中心的なところなどあればと思ったり ・・・


他都市では独自の仕掛け作りで、それぞれの都市の魅力打ち出しています。

◇    記事として取り上げられたのが 、

城崎温泉 ” 川沿いで温泉巡りができる昔ながらの落ち着いた温泉街と思います。

ところが       

===  宿泊する外国人観光客急増  ===     

との記事を見ると


やはり誘致に向けた 【 官民一体の体制 】作りを、ターゲットを絞った企画により成功しているのでしょう〜

その点、神戸何を売りにするのか 、観光ですか、医療ビーフケーキショッピング、、、etc
                                    

=== それより神戸求められているもの

何なのか  ===


つまり観光客としての 『 相手の立場 』になり【 官民一体 】での

・・・仕掛け強力な発信が出来る体制作り・・・

をしていかないと

 

〜  今後の都市間競争にも戦っていけないと申し上げてきました


ただ、やっと動き出しました〜    神戸市博報堂と組み・・・・・

 

日本経済新聞より
日本経済新聞より


《  近畿経済産業局関西経済連合会大阪市官民が協議へ  》

〜〜  生の声を取り込みながら  〜〜

 

《  京都市はエイベックス・ミュージック・クリエイティブと  》

 ~~  アプリで京都の発信力を高める  ~~


ところで神戸市
〔 ビッグデータを活用し、博報堂と観光誘致策に取り組みスマホから位置情報や滞在時間、ツイッター、ブログなど分析調査をした 〕


結果、「 異人館 」、つぶやきに 「 住みたい 」そして普段の生活環境観光資源可能性もあるとの事、20代女性向けのディナークルーズなど年代別にも的を絞って調査したようです
           


日本経済新聞より
日本経済新聞より

確かに『 観光客の声を聴く 』と言う面では一歩前進でしょう
 
ただ全国的に取り扱っている大手企業に頼り過ぎ神戸市  ⁉︎
      

一方で神戸熟知し、神戸魅力を引き出す仕掛け作りが出来る     

民間個性ある個人グループなどとも取り組んでほしいものです ‼︎


せめて民間に実績評価を取り入れた成果主義的な委託契約の導入はどうだろう!

 

神戸市会議員 平野章三

Links