2021年

3月

17日

市政報告 第13号 P2・3

続きを読む

2021年

3月

06日

神戸市が医療産業都市として、いよいよ介護産業事業取り組みスタート 令和2年12月本会議質問〜ノーリフティングケアを活用し介護事業展開を

令和2年12月 本会議 恩田副市長
令和2年12月 本会議 恩田副市長

◇ 厚生労働省令和 3 年度に向け【 ノーリフティングケア 】を活用した介護報酬改定を検討するなど

介護事業方針大きな変革を示されました

 

◎ そこで 【 平野 章三 】〜 本会議質問は

厚生労働省の方針に沿って神戸市が主体的に

ノーリフティングケアを活用し、

介護施設、企業の研修・技能学習、人材育成など

事業展開ができるのではと思うが如何でしょうか ? 

 

◎ そして  【 恩田 副市長 】答弁は

「 ノーリフティングケアの活動団体であります 

【 一般社団法人ノーリフト協会 】  は

神戸市内に拠点をもち活動しており、こういったところと連携し、介護事業者向けの研修会、市民向けのセミナーなど、しっかり取組みを進めていきたいと考えてます

 

   との具体的な答弁をされました !

続きを読む

2021年

3月

01日

やっと実現!西部療育センター作業療法( O T )の正規職員が決定する 行財政局に言い続けて4年目、障がいをもつ子どもたちのOT診療に吉報

☆ 障がいを持つお子さんが西部療育センターで作業療法を受診したくても

1年〜1年半 待たされていました

 

そのため、

「 作業療法士( O T )正規職員の配置 

「 作業療法室増設 」

を長年要望してきたのですが

 

令和2年度予算査定でも、

調査中です」とのゼロ回答に、

 

喫緊の課題と分かっていながら、また1年先延ばしにするのか!!」と強く訴え致しました

 

☆ その甲斐あってか、昨年、西部療育センター

作業療法室改修要望 】に

2,500万円の補正予算実現し️

 

引き続き

令和3年度予算作業療法士( O T )会計年度任用職員

( 会計年度任用職員とは一般職員に準ずるような採用制度 )

 

正式に予算化され → 東部療育センターに配置されました

 

そこで、総合療育センターの【 作業療法士・正規職員 】2 名の内

1 名が【 西部療育センターに配置 】されることが決定しました

続きを読む

Links