2020年

8月

27日

2月9日、命を絶たれた係長〜教育委員会事務局は2ヵ月程放置〜調査は?

教育委員会事務局一連の不祥事問題教育委員との対応をしていた

 

《《《 調整役係長が命を絶たれたこと 》》》は

 

連日過重な勤務状況や人権侵害的な言動

などを受けてきたのでは ~ とも言われてきました  

 

◆ ところで、教育委員会事務局では     

〜 学校現場で不祥事などの問題が起これば ~     == 第三者委員会の立ち上げなどにより ==       

 

原因の調査やその後の対応

 

場合によっては関係者の処分などを行なってきているのであります 〜

 

続きを読む

2020年

8月

21日

財産価値ある須磨海岸など〜海水浴中止は単に神戸市職員のリスク回避か コロナ問題の中、野外で唯一市民が楽しめる海水浴場に努力せず中止とは

神戸市内四季を通じての財産的価値ある須磨海岸

 

★ 特に 「 須磨ビーチリゾート 」として

長年、神戸市民に親しまれてきた海水浴場を    

この夏 == いとも簡単に中止 == の発表をした事は

正に 【 今の神戸市姿勢 】なのです

 

 

 

続きを読む

2020年

8月

17日

六アイいじめ重大事案調査遅すぎ〜転落事故後第三者委一方的調査のまま

最も重要な《 調査方針について 》

7月9日教育こども委員会での質問により、

再確認できましたのでご覧ください

 

= 複雑なので流れをまず、箇条書きしてみます =

 

◆ 被害女子生徒いじめ問題

六甲アイランド高校で平成 29年3名の生徒が

女子生徒をいじめる

◆ 調査

校教育課が当時、細かく聞き取り調査し、終了する

 ◆ 加害者自身の転落事故

その後、加害者自身での転落事故がありました

 学校に対する調査委員会を加害者要望

そのため学校に対して、加害者が(被害者の立場のように)

調査要望を加害者要望により、令和元年12月第三者委員会調査報告書が出される

 

但し、第三者委員会設置に加害者が人選出来るため偏った報告書に

 被害女子生徒重大事態判断

  この調査報告書にいじめ被害女子生徒が沈黙から一転真実を語る

転落事故の加害者側報告書を見て ーー→ 被害女子生徒は

=== 本当に死にたかったのは私 === と訴えた!

続きを読む

2020年

8月

11日

公園のバスケットゴールが破損し、建設局は撤去予定を若者のために新設へ

神戸どのような魅力あるまち ” にしていくのか 〜

    その一つのテーマとして神戸市

 

=== “ 若者に選ばれるまち ” をキャッチフレーズにして ===

各局それぞれが発信してきましたが 〜〜〜

 

 ▼ いつの間にかその声が聞こえなくなってきました

???

 

★ 何故なのか? ーー→

 

施策よりイメージの先行だけで

   【 若者に寄り添う 】という 〜 

      本気度なかったのでしょう ⁈

 

◆ 例えば 神戸市として “ 若者が魅力を感じる ” 〜

 

音楽やスポーツなど “ 身近に楽しめる ” 施策や施設提供など

インパクトある重点支援の発想も打ち出せてこなかったのが現状です

続きを読む

2020年

8月

07日

平野事務所 お盆休みのお知らせ

 

  

  8月8日(土)~8月16日(日)まで

 

  事務所はお休みさせていただきます。

  

 何卒宜しくお願い致します。

 

 

平野章三事務所  

続きを読む

2021年

4月

15日

財務は街灯予算約30億円 さらに積算ミス約20億円一括計上し知らんふり 長年、夜明け前にランニングしているのですが 街中明るくなりすぎ〜

 

それでも、年度末(3月)→ 必死で街灯設置へ!

 

人口減少対策街灯予算30.6億円

とにかく使い切りたい建設局だったが・・・

 

さらに多額の積算ミスが発覚し、

2 2 . 4 億円の追加予算措置神戸市財政部に求めたのであります

 

財政部はこの問題を認めているにもかかわらず

 議会運営委員会 ( 予算など事前に各会派に報告する場 ) では気づかれないよう?  ー→ 他の予算で一括計上

 

★ つまり積算ミスを報告せず、すり抜けたのであります ★

 

( 議員は知らされないまま巨額の予算審議に入りました ) 

続きを読む

2021年

4月

10日

コンピュータシステム60億円【 K I I F 3 】不具合で小・中学校は大混乱 教育委員会事務局・事業者(NTT)責任なし?全教職員約7,000人に影響

 まず、小・中学校の現場で大混乱した K I I F 3(キーフ) の説明をします

 

神戸市情報教育基盤サービス

(Kobe city Information Infrastructure For education ver.3)

 

学校が使用するパソコンやネットワーク機器等(約2万台)をネットワーク化し、校務・庶務・事務などを支援する共通システム

 

 5年毎に再構築(KIIF1、2、3)

 

 1.           ( NEC )

 2.H27   〜 R2年12月  ( NEC )

 3.R3年1月 〜       ( NTT西日本 )

        

◇  今年、令和 3 年 1 月から

KIIF3(NTT西日本)新システムへ移行予定でしたが〜 

続きを読む

2021年

4月

05日

「 神戸の魅力をワンフレーズで 」と質問?2分10秒の答弁でもわからず 【やっと気づいた】賑わいある街づくり〜都心三宮再整備はJR三宮駅と

【 平野 章三 】質問

2020年12月本会議 神戸の魅力 を一言でと〜 質問すると

 

【 今西 副市長 】の答弁

答弁時間 2分10秒間かけて延々と説明されたが、

結局わからん?

 

つまり、神戸市も 〜

=== 神戸の魅力が 〜 わかってない ===

ことがわかった

 

しかしながら、やっと

J R 三宮駅南野外ライブステージ食の屋台の出店

 

神戸市として 〜 動きだせた〜 かように見えましたが ・・・

続きを読む

2021年

3月

31日

神戸市に提案してきた動く観光施設ロープウェイ・ゴンドラの可能性が 神戸ハーバーランドから各突堤再開発事業間で多様な移動手段の調査へ

2017年2月24日の本会議で、

街の新たなシンボルとして

動く観光施設神戸ロープウェイ・ゴンドラ 構想 】を提案!

 

これは、神戸の街並みウォーターフロント、そして夜景楽しめ観光とビジネスにも活用できる都市型空中交通なのです

 

その当時

都市局 】が「 都心・三宮再整備事業 」を担当し

港湾局 】がウォーターフロント整備を進めていたのであります

 

◆ ところが、都市局所管(当時の)副市長

都心・三宮周辺からウォーターフロントまでの交通手段として

連節バス( 大量輸送のために車体が2連につながっている) 】を強く推進していたので、

 

平野の「 ロープウェイ・ゴンドラ構想」には【 批判的な答弁に終始し??? 】調査すらされませんでした

 

一方、港湾局

続きを読む

2021年

3月

26日

垂水駅前周辺整備計画はこれから数年かけ各局が事業を進めていきます まず垂水中央東地区再開発事業のスケジュール をお知らせします

完成予想パース   出典 野村不動産(株)
完成予想パース   出典 野村不動産(株)

 これから、図書館・小学校・再開発事業・道路整備などの工事が動き出す中、垂水中央東地区再開発市街地再開発組合のコンサルタントにより事業が進められます。 

 

<令和3年度> 

前半 実施設計、権利変換計画作成

    ( 7月~8月頃権利変換に動き始めるか ? )

 

後半 権利変換計画認可 

    ↓

   除却工事9月頃から解体が始まるか ? )

    ↓

   文化財調査 ( 調査の内容次第では令和4年度の前半までかかる可能性あり)

 

 

<令和4年度>

   文化財調査完了後、建築工事着手

 

 

<令和6年度末> 建築工事完了

 

 

スケジュールは予定であり、(  )は予測です。

進捗状況によって、変更の可能性もありますのでご了承ください

 

☆ 今後、それぞれの事業計画も随時お知らせ致します

 

神戸市会議員 平野章三

続きを読む

2021年

3月

22日

市政報告 第13号 P4

続きを読む

2021年

3月

17日

市政報告 第13号 P2・3

続きを読む

2021年

3月

15日

予算特別委員会 総括質疑のご案内

 

3月15日(月) 予算特別委員会 総括質疑

      15:55~16:05  (10分間) 

(各質問者の発言時間によっては変更になることがあります)

 

「教育委員会に対する働き方改革の行財政局としての支援について」 

 

神戸市本会議インターネット中継よりご覧いただけますので、ご視聴よろしくお願い申し上げます

 

 

 神戸市会議員 平野章三

続きを読む

2021年

3月

12日

市政報告 第13号 P1

続きを読む

2021年

3月

06日

神戸市が医療産業都市として、いよいよ介護産業事業取り組みスタート 令和2年12月本会議質問〜ノーリフティングケアを活用し介護事業展開を

令和2年12月 本会議 恩田副市長
令和2年12月 本会議 恩田副市長

◇ 厚生労働省令和 3 年度に向け【 ノーリフティングケア 】を活用した介護報酬改定を検討するなど

介護事業方針大きな変革を示されました

 

◎ そこで 【 平野 章三 】〜 本会議質問は

厚生労働省の方針に沿って神戸市が主体的に

ノーリフティングケアを活用し、

介護施設、企業の研修・技能学習、人材育成など

事業展開ができるのではと思うが如何でしょうか ? 

 

◎ そして  【 恩田 副市長 】答弁は

「 ノーリフティングケアの活動団体であります 

【 一般社団法人ノーリフト協会 】  は

神戸市内に拠点をもち活動しており、こういったところと連携し、介護事業者向けの研修会、市民向けのセミナーなど、しっかり取組みを進めていきたいと考えてます

 

   との具体的な答弁をされました !

続きを読む

Links