2022年

12月

08日

コロナ禍の影響を受けた厳しい経営状況の海上アクセスだが高い評価に 関経連が神戸空港の国際化でトランジット効果の高い海上アクセスだと

《 平野 章三 》 の質問

関西〜神戸空港を結ぶ海上アクセス事業は以前から厳しい経営状況の時があったり、コロナ禍の影響を受けて、近年赤字が続いている状況ですが〜 

 

この事業をどう評価されているか? お伺いします!

 

【 都市局長 】の答弁

やはり基本的には 海上アクセスは関西空港と神戸空港を結ぶという機能、

 

さらには都市と都市を結ぶという意味で非常に重要な装置機能だと考えてございます

 

《 平野 章三 》 〜 この軽い答弁にがっかりですわ!

 

関経連から関西経済底上げ大阪・神戸が一丸となる協力体制

求められているにもかかわらず

 

情報収集のなさなのか?

神戸市各局の連携不足なのか?

続きを読む

2022年

12月

05日

12月7日(水) 14:10~ (予定) 本会議のご案内

12月7日(水) 本会議質疑

      14:10頃より~ (30分間) 

(各質問者の発言時間によっては変更になることがあります)

 

1「ポートアイランドの水素エネルギーについて」

 

2「行財政局の予算査定について」

 

3「公立中学校部活動の地域移行について」

 

4【垂水ウエステ広場の整備について」

 

 

 

神戸市本会議インターネット中継よりご覧いただけますので、ご視聴よろしくお願い申し上げます

 

 

 

 神戸市会議員 平野章三

続きを読む

2022年

11月

29日

大阪関西万博に向け神戸空港の国際化には多額の設備投資をしなければ 神戸空港ターミナル拡張などに新都市整備事業会計の資金を活用すべき

いよいよ2025年関西万博に向け、神戸市

関西経済の底上げに寄与することを目的として、

 

神戸空港の国際化を見据え

 

多額の設備投資をしていかなければなりません

 

そこで、神戸市都市局が所管する新都市整備事業会計が現在、潤沢な資金で運営をしており、

(この財政状況については私は十分把握しており)

 

重要プロジェクトである神戸空港関連の事業資金活用していくべきであります

 

( この新都市整備事業会計は2019年みなと総局が港湾局と都市局にわかれ、都市局の所管になっています )

 

 

続きを読む

2022年

11月

22日

神戸市バスの収支悪化に燃料費高騰や行政目的の赤字路線などの対応は 公営企業の資金不足額で経営健全化基準 20%に近づき健全化の取組必要

神戸市バス極めて厳しい経営環境が続きこのまま推移していくと、最悪のシナリオをたどることになるでしょう

 

◆ そのバス事業資金不足比率の経営健全化基準20%以上になれば

「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」(財政健全化法)の定めで、国の指導による経営健全化計画の策定が義務づけられます

 

◆ 現在、19.6 %なので早急にに抜本的な経営改革が必要です 』

続きを読む

2022年

11月

15日

交通局の経営状況で特に地下鉄海岸線、バス事業が厳しく抜本的対策を 地下鉄西神山手線の黒字が減少し続け海岸線の大幅赤字補填にも影響が

 

神戸市交通局厳しい経営状況

毎年度同じような経営改善 】を繰り返していては【 いずれ行き詰まる 】ことになります

 

1 年前決算委員会では

地下鉄西神中央駅車庫やバス車庫の余力ある用地の活用を《 提案した 》ことで

西神中央駅車庫用の活用が 》動き出しましたが、

今後更に【 抜本対策が必要 】であります

 

 

◇ 現在は、神戸市交通局では地下鉄19駅の駅務委託行っており、今後の経営努力として西神山手線のワンマン化を検討しているようなので…

 

続きを読む

2020年

5月

27日

4月自治体への臨時交付金1 兆円決定直後から増額必要と〜やっと政府が!

政府緊急事態宣言を打ち出した直後は

全国の都市への手厚い財政支援もなく

 

◆ 一方で都道府県は法的強制力もなく、十分な支援金も持たず自粛要請のお願い 】 により 〜

            

次々追い込まれる【 事業者の悲痛な声 】に

=== 政府の施策と支援のスピード感のなさが ===

さらに追い打ちをかけている〜

 

◆ 各都市から支援要請が上がるごとに

  政府は一つひとつ施策を打ち出し補正予算、そして次の二次補正

  遅れおくれで予算執行していきます

 

☆ しかし、政府が自粛要請に伴う各種支援金などを

=== 最初から都道府県の裁量に委ねた臨時交付金で ===

 まとめて配分しておけば 〜 【 もっと素早く事業者の手元に届き

 

 目前に迫る廃業の危機にも、少しでも先送りにできたと思います!

続きを読む

2020年

5月

22日

2月9日教育委員会の係長が命絶たれた事案〜これこそ重大事態で調査すべき(3月12日 総括質疑)

新型コロナウィルスには、まだまだ予断を許さぬ状況ですが

予算市会総括質疑の重要課題ですのでご報告させて頂きます 

 

2 月 9 日 “ 係長が命を絶たれた ”

 その【 翌日の10日

教育委員より教育委員会事務局幹部職員

更迭議案が提出 】されるという

=== 前代未聞の内部抗争 ===

表面化したのであります

 

★ 全国的にみてもあり得ない話であり

  非常に根深いものを引きずってきたようであり 〜

 

教育委員事務局との関係は

完全に崩壊しているのでしょう ◆

 

このタイミングでの更迭に【 教育委員の保身 】があったのか ?

   

事務局に問題があったのか? わかりません

続きを読む

2020年

5月

18日

教育委員会の第三者委員会が公平・公正〜いや、そうでない事が次々問題に(3月12日 総括質疑)

新型コロナウィルスには、まだまだ予断を許さぬ状況ですが

予算市会総括質疑の重要課題ですのでご報告させて頂きます 

 

 

第三者委員会公平・公正でない事が次々と〜

 

そこで

 第三者委員会のあり方、調査報告書の調査結果に対して 

 

文科省の指針教育委員会事務局の責任法的根拠など

 

を手掛かりにし、

 

公平・公正な判断に近づけるための

 

重要な問題点総括質疑で確認する事ができました

 

 

◆ 誰もが第三者の方々の調査には

 

公平公正はあたりまえで、調査委員会の報告書

 

問題事案の結論のように思っていたのではないてしょうか!

続きを読む

2020年

5月

13日

何故〜各都市出身の国会議員は動かないのか〜1 兆円臨時交付金に増額を?

◇  都道府県新型コロナ対策に ・・・

医療関連休業要請など求めている事業者教育関係等々に

 

各都市独自の幅広い使途が選択できる臨時交付金 ~ が

 

自治体として最も有効に活用できるのです !

 

☆ そのことを重要視して、4月初めに決定した臨時交付金の発表当初から増額要望を各方面にお願いしてまいりました

 

◇ 最近になってようやく全国知事会1兆5000億円増額

求めた事で、少しでも弾みがつけばと期待しています

 

◆ なのに、其々の地元自治体のために

 / / / 何故、国会議員が動かないのか〜不思議でなりません / / /

続きを読む

2020年

5月

08日

教育長が学習支援ツールの活用指示も〜学習指導のリーダー不在でドタバタ

やっと動いた教育長〜休業期間の家庭学習対応を5月1日大幅遅れで学校通知

 

 

◇ この度、学校園の臨時休業期間の延長により

   家庭学習の対応喫緊の課題となりました~

 

このような時でも、各家庭において【 学習支援ツール 】を活用することで、教科書に準拠した学習内容

児童・生徒に即、支援ができたのでありますが・・・

 

 

◆ 昨年9月には全小・中学校に学校配信、個別配信

 可能になった【 学習支援ツールにアクセスできる教育環境 】を

=== 神戸市教育委員会事務局が整えておきながら ===

 

徹底した周知・活用を図らず、怠ってきたのであります ???

続きを読む

2020年

5月

04日

神戸市独自の家賃負担軽減施策は評価しますが、発信力のなさで顔見えず

 「緊急事態宣言更なる延長に〜 経済状況 ー→ 崖っぷち !!

 

各都市には権限だけでなく、臨時交付金大幅増額すべき !

 

◇ ところで神戸市会は5月1日補正予算可決

ーー→ その中で

 

神戸経済を守る施策として

~ 政府支援がない ~

神戸市独自

中小企業等への家賃負担の軽減施策10億円 )】は

 最も今、注目される課題として【 固定費の家賃負担問題 】であり

  ( 運用・制度の改善も必要だが )非常に評価できます !

 

◆ ただ

  この施策も補正予算案の一部として提案されたので 〜〜〜

 

=== 地元の意向を重く受け止めた結果 === という

神戸市の顔は見えませんでした ★ 

続きを読む

Links