2018年

5月

29日

1番目の柱が子育て・教育で保育士確保が神戸市重要施策とはインパクトなし⁈

 《《《 神戸市重要課題として 》》》

    〜    若者に選ばれるまちづくりという観点から

     子育てしやすい環境の整備教育施策の充実

ということを1つの柱としています  〜

 

そこで

保育士になっていただいた方の早期離職を食いとめるということで 〜〜〜

◇  神戸市独自の緊急対策として、

     1 年目が10万円、2年目が30万円の一時金を支給

◇  定着一時金として、採用3年目から7年目の保育士さんに1 年あたり20万円、5年で最大100万円を支給

◇  新卒の保育士と常勤、復職する潜在保育士を対象とした一時給付金を2年で最大40万円支給します。

◇  潜在保育士の方がパート職員として復職する場合には10万円支給

◇  その他に

     保育士の皆さんの宿舎借り上げ支援を拡充

     未就学児を持つ保育士に対する保育料助成制度を創設して実質無料化

       

と〜 神戸市は保育士さん向けに重要施策の1番目の柱として

          

保育士確保支援策をメインに掲げました ⁉︎

続きを読む

2018年

5月

25日

観光や交通手段としてロープウェイ・ゴンドラ提案に神戸市は無視続け〜他都市が動き出す

2018.5.24「テレビ神奈川」「神奈川新聞」より
2018.5.24「テレビ神奈川」「神奈川新聞」より

29年度予算市会本会議

     観光を兼ねた《 空中交通構想であるロープウェイ・ゴンドラ 》                                        という交通手段を提案を致しました

 

ところが副市長

   採算・気象条件・高層ビルへのプライバシーなどの問題点を取り上げ

 

「 難しい 」との答弁       でしたが

 

 

続きを読む

2018年

5月

24日

連携出来なかったみなと総局ウオータフロントと住宅都市局三宮再整備〜今後は!

都心・三宮の再整備 」のプロジェクトを住宅都市局が、神戸市・庁内でリーダーシップを発揮し推進してきました 〜

   ===  ところがほとんど〜庁内の各組織内では  ===

               

【 本気で支援体制などをとってこなかった 】のであります。

それは、住宅都市局神戸市主導的立場でありながら・・・
       

◆    三宮の再整備事業の整備や建設などのプロジェクト構想ばかりを先行してきており ⁈
       

◆    庁内での情報交換や調整作業など協調体制はほぼとってきませんでした ⁉︎

さらに

続きを読む

2018年

5月

21日

問題発言の局長「愛され・頼られ一年待機に」開設3年西部療育センターのOTが!

3年前、西部療育センター開設にあたり、診療所運営について

事前に利用者要望誠意を持って受け止めて頂いたのを記憶しております

 

その後、3年が経過する中でリハビリ治療厳しい現状であるとの情報が入ってきました

 

診療所での訓練については

理学療法P T )  運動機能の向上・運動能力の獲得などを

                           目指した運動療法を行う

言語聴覚療法S T )言葉の課題・食事などについての

          指導を行う

作業療法O T )生活・活動の困難さに、能力を高めたり

        運動の発達を促進する練習など行う

 

この中で O T だけ非常に待機期間が長いとの事なので 

【  質問しました!  】こども家庭局の委員会で 〜

続きを読む

2018年

5月

16日

神戸市は本気で運行したい覚悟があるのか〜塩屋コミュニティバス 「 しおかぜ 」

神戸市長コミュニティバス運行について

  2年連続!垂水区新春懇親会の場にて 支援することを訴えました。

神戸市試験運行にのみ補助金で支援し、

その後は一切支援しない条件で

民間努力で本格運行するように事業方針を提示したのであります

 

しかし、現実的に運行が厳しい事がわかり 神戸市再度の試験運行に補助し、

       その後は民間運営として本格スタートさせたのですが

          

   運営事業者は年間で 【  多額の赤字を抱えている⁈  】との報告を神戸市から受けました

続きを読む

2018年

5月

11日

「 夜を楽しめる魅力ある神戸の街 」として〜惹きつけられるような大胆な戦略を!

〜〜〜  中々打ち出せない神戸の魅力 〜〜〜

さらにナイトエンターテインメントの少ない神戸の街 が・・・
今、動き出すかもしれません!!!
  最近   〜 「 夜バル 」などと各地区の市場商店街など閉店後の夜
街の活性化として屋台的な雰囲気
食べ歩きしたり、気軽に飲みながら
音楽なども楽しめるという
ナイトライフが話題になっています !
 既に  〜  旧居留地三宮センター街でも「 夜バル 」は実績があり
                                        継続されていくことで都心・三宮での夜の賑わいとして
                                              定着していくことを望んでいますおります ! 
続きを読む

2018年

5月

02日

学力格差の解消に ~ 学力・学習調査を活用して小学校格差の縮小努力を!

神戸市は全国学力・学習状況調査とあわせ、神戸市独自学力定着度調査を行なっています

 

その結果、小学校4年生から中学校3年生まで神戸市教育委員会学力を把握していることになります

 

しかし、神戸市の小・中学校の上位校下位校平均正答率など誰もわかっていないのです

 

その意味では上位校・下位校の(学校名は伏せたまま)

試験結果だけでも公表すべき申し上げました

教育長の答弁では

学校ごとの平均正答率などを公表している都市はない

教育委員会としても問題意識をもっており、様々な手法を駆使

              取り組んでいきたい 」と答弁されたのであります

続きを読む

2018年

4月

27日

新聞社が指摘する「 中央消防団員報酬を分団・本団が徴収し団活動費など 使用 」〜に消防団困惑!

 3月末頃より消防団員報酬問題が取り上げられ

    情報収集しながら、状況把握してるところに

    この度、新聞報道がありました。

 

  4月25日朝刊では一面、他2ヶ所にも取り上げられた報道記事の大きさには非常に驚きました!

さらに本日27日の朝刊にも~

 

  ===    正直どのような視点で問題を指摘しているのか    ===

         その真意が理解出来ずにおります???

 

   消防局から団員報酬個人支給されていることには問題はなく

   その後 【 個人報酬団活動に 】 充てるため

    【 団が徴収 】してきたことを問題指摘されていると思います

 

確かに 〜 その事だけを捉えると 〜 問題があると思いますし

《  一部団員から  》

     報酬の引き上げが今年度からされても

     恩恵を受ける事はないとの意見も出ておりますので

 

     調査した上で改善すべき必要があるでしょう 

 

   ただ、

   〜  この問題の本質と言える消防団活動の内容を  〜

  《    全て含めた上で協議し    》

     引き続き消防団員の皆さんに継続して活動して頂けるような

 

                 改善策を検討すべきでしょう !

続きを読む

2018年

4月

25日

若者を惹きつける〜神戸最大のロックフェス『 COMING KOBE 18 』

今年で14回目を迎える

 『 COMING KOBE(カミングコウベ)18 』( 通称 カミコベ )は
   4月28日と29日の2日間みなとのもり公園(神戸市中央区)で開催されます。
                     主催側として       
阪神淡路大震災から10年目にあたる2005年からスタートし、
               
今年で14回目を迎える
 
◇「音楽の力震災を風化せず若者に語り継いでいくこと
 
◇「全国から多くの人が神戸に集いその魅力を感じ、楽しんでいただけること」  
趣旨として開催
       
入場無料のチャリティーフェスだが
                毎年 来場者から募金を募り
         東北大地震熊本地震被災地の小学校等
                直接募金を届けている
 
   ☆   昨年は約1340万円という過去最大額の募金額を達成している
                                                                          とのことです 〜〜〜
続きを読む

2018年

4月

23日

教育委員会に学校司書の配置をお願いして約四年目~ 継続と新規のバランスは?

神戸市学校司書

         小学校 74 校 / 164 校中

   中学校 36 校 / 84 校中

配置が進んできました  

 

ただ、神戸市学校司書資格毎年更新されますが

5年経過一旦終了となり

再資格を取得しても同じ学校に勤務出来ない規定があります

 

26年10月より30校がスタートしましたので

              5年目となる、来年(実質4年半で終了)

つまり、1 年後に

最初の30校学校司書が自動的に不在なります

 

ここで問題なのは、学校司書設置された当時

続きを読む

2018年

4月

13日

やっと気付く神戸市長〜ドンピシャ!三宮再整備本部長に企画調整局人事!!

神戸市長鳴り物入りとも思われるぐらいの都心・三宮の再整備

住宅都市局が組織本部を統括し推進してきました

 

当初より平野は、本会議質問にて

これほどのプロジェクトであっても、

一体的な庁内協力体制がなされてないとの情報があるので

神戸市として推進する組織を立ち上げるべき」と申し上げました !

すると一週間後の27年10月に「 都心三宮推進本部会議 」の ” 大々的な組織図 ” を急遽立ち上げたのであります

 

ところが、その後、組織は一向に動かず

庁内では依然不協和音の中各局の協力体制は進まず

住宅都市局だけが建設整備というハード面ばかり

 

先行し続けたのであります

続きを読む

2018年

4月

08日

新副市長会見『人口減対策に意欲!』・・・どうする?人口減少対策に都心の マンション規制や住宅開発規制など

神戸創生戦略概要より
神戸創生戦略概要より

神戸市長は

2期目の会見にて

「直面している課題は人口減少に

 さまざまな施策を組み合わせ

 効果が上がるようにすることが

 使命だ!」

 

同じように、新副市長

人口減対策取り組む姿勢を見せているが・・・さて?

 

神戸市人口減少歯止めをかけ

将来にわたって多様で活力ある地域社会を維持し  

魅力あふれる都市として発展していくために

総力あげての施策を展開するとの事

 

そして、

 年間 12,000 人出生数を維持

   若者の神戸市への転入を増やし

   東京圏への転出超過 年間 2,500人解消

を目指しています

 

   しかし、このような将来展望だけで、具体的な施策を打ち出さないと ???

 

   2018年は       153.1万人

   2040年には    132.7万人約20万人減少

   2060年には    107.2万人約45万人減少          

推計されています

続きを読む

2018年

4月

03日

病院運営移管での減額に大幅新規・拡充とは〜神戸医療産業都市推進機構⁉︎

 20 年の節目を迎える先端医療振興財団神戸への進出企業支援を行うために

     当初毎年15億円から29年度は19.2億円をつぎ込んできましたが

     ボランティアのような補助体制がいつまで続くのか 〜〜〜

 

  以前から、先端医療振興財団として投資的な効果を出す努力

          つまり  ===    企業支援に対する対価    ===  として

 

                  研究・開発から事業化へと 〜

     手数料収入や収益性のあるサポートをすることで

          企業が一定の負担をして頂き

          企業も事業化までのリスク負担などの軽減

     つながることにもなると申し上げてきました !

続きを読む