2013年

12月

27日

平野章三事務所 年末年始のご案内

 皆様、今年も一年間本当にお世話になりました。

 

お健やか良いお年をお迎えになられますようにお祈り致します。

 

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

事務所業務のご案内

 

平成251228日()~平成2615日() は事務所をお休みさせて頂きます。

 

平野章三事務所

2013年

12月

27日

不公平すぎる! 消費税に伴う市バスの料金改定~

神戸新聞より
神戸新聞より

 平成26年4月1日から消費税5%から8%に引き上げられますが神戸市バス・地下鉄については国交省の申請手続期間が必要のため、他の事業より先行して本会議で議決を行いました。

 

 消費税については所得の厳しい方々に対し軽減税率等の配慮を検討されることもありますが、国の方針は全ての方々から広く平等に税の徴収を行いますのでこれは認めていくべきものと理解しております。

 

 その意味からすると・・・

続きを読む

2013年

12月

20日

電話1本もない!ベトナムだから“JICA” されどお役人体質

 神戸市民間とともに海外へ事業展開していくことは神戸経済が色々な分野で裾野の広がりを持つことになり成長戦略として重要なプロジェクトになっていくと思います。

 

2011年9月頃神戸の企業が水インフラ整備事業のベトナム進出神戸市提案企業の技術協力ということで業務委託として職員さん派遣したのがスタートでした。

 

平野はこの機会、SPC(特別目的会社)を立ち上げる時に最低の限定出資でよいので参加するよう水道局に申し入れました。

 

その事で直接ベトナム政府関係神戸市とが新たな経済交流のスタートができると思ったからであります。

 

しかし、

続きを読む

2013年

12月

17日

新長田駅再開発は信頼回復と住宅店舗一括運営見直しを

新長田大正筋商店街
新長田大正筋商店街

 垂水舞子再開発ビル店舗業務床等の運営を転貸目的としたサブリース事業者に委託して進めていきます。 

 

 将来的に活性化も含めて空き店舗等が出ないように、関係者のご意見を聞きながら注視していきたいと思っております。

 

 そんな中・・・

続きを読む

2013年

12月

12日

市長、初質問は驚きのやり取り

極めて素っ気ない答弁からスタート・・・

 

     まずご覧ください!

 

1210 本会議

 

 

映像スタート

 

 

本会議質問の内容については後日改めてコメントいたします。

 

 

神戸市会議員 平野章三

続きを読む

2013年

12月

09日

医療関連ベンチャー企業の投資ファンドは体制を見直し、さらに~

 医療関連企業が250社を超え、山中先生ノーベル賞受賞によるiPS細胞再生医療創薬医療機器の開発が進められていく中、やはり並行してベンチャー企業の支援医療産業都市神戸として重要な課題であります。

 

 しかし、ベンチャー企業への投資ファンドの出資企業育成といえども当然リスクを伴うことになる訳で、“どこまで支援するのか” その判断は難しいところであります。

 

ただ先端医療としては、iPS細胞による再生医療等、世界から注目され、日本の中でも神戸市成長戦略の最有力都市にもかかわらず、このように投資ファンド等プロジェクトを進めるにも、十分な組織体制予算配分対応できておらず、今のままでは形式的な財政配分にとどまっている状況であります。

続きを読む

2013年

12月

07日

本会議最終日 平野章三 質問に!

12月10日(火)本会議最終日平野章三質問に立ちます。

当初、無所属として10分の割り当てと考えていましたが、年間を通じてまとめた時間をいただけましたので開始時間16:00~16:30(予定)で、30分間質問致します。

インターネット生中継ですので、お時間ございましたらご覧ください。

 

神戸市会議員 平野章三

 

 

神戸市会 本会議 生中継  12月10日16:00~(予定)

URLhttp://www.kensakusystem.jp/kobeshikai/index.html

   (「現在ご覧いただける中継」をお選びください)

 

続きを読む

2013年

12月

05日

本日のブログをシェアしたフェイスブックにご意見があり関連記事を再度・・・

続きを読む

2013年

12月

05日

もの言えぬ県教育委員会に!ようやく解放~神戸市独自の教育方針へ

神戸新聞より
神戸新聞より

 政府が以前より県負担教職員給与政令市へ移譲することの協議を進めていたことに強い期待をもっていましたところ、いよいよH29年度を目途にから移譲されることになりました。

 

現状では神戸市教職員人事権を持っていても、兵庫県給与を一括負担している限り、兵庫県教育方針意向にかなり引きずられ、神戸市教職員の定数配置等まで強く影響を受けているのであります。

 

その為、兵庫県教育委員会は“上から目線”というような優位的イメージができ上がっているように感じ、お伺いをたて配置等を求めていかなければ、何事も進めにくいように思えました。

 

 このような雰囲気は兵庫県法的な設置義務のある小・中学校の特別支援学校の問題について要望させていただいた時にも、その姿勢が表れていました。

 

まず、神戸市要望回答地元選出県会議員を通じることが慣例化されており、要望すら直接伝えることができず、結果的に毎年形式的な要望活動になっているように感じました。

 

そこで平野特別支援学校設置要望慣例にしばられず直接教育委員会日程調整をした上で、具体的なやり取りを交わしながら意見を戦わせてきました。

続きを読む