2012年

4月

26日

神戸市会議員平野章三 感動! 神戸空港を拠点・・・世界最大手のヘリコプターメーカー 仏ユーロコプター社 == 日本法人ユーロコプタージャパン <神戸から世界へ事業展開!!>

 ユーロコプタージャパン株式会社はヘリコプターの点検,操縦士・整備士の訓練,研究開発の拠点として神戸空港島格納庫新設し、アジアから世界へ事業展開していくことになりました。

 

 4月17日にユーロコプタージャパン株式会社神戸格納庫オープニングパーティに参加させていただきましたが、

H22.8 ジヌー氏と(左から2番目)
H22.8 ジヌー氏と(左から2番目)

H22年8月ユーロコプタージャパン代表取締役社長ステファン・ジヌー氏とご挨拶させていただいた時より神戸空港島進出強い意欲期待し続けておりました。

 

         そして感激

 

 オープニングパーティでは参加者強い期待度も直接肌で感じることができ何より嬉しく感動”の一言でした。

 格納庫ヘリコプターの見学、そして挨拶廻り・・・。

そこでスカイマーク代表取締役社長 西久保愼一氏懇談させていただき、神戸空港規制緩和強く要望されたり、国土交通省大阪航空局長さらにヒラタ航空専門学校の社長はじめ多くの企業の方々参加され、皆さん最後まで活発交流されていました。

 パーティではよく乾杯されると同時に帰られる方がでてきますが、知事,市長をはじめ皆さん方の熱心さ最後まで途切れることはありませんでした。

 

 そのことはおそらく今後の整備訓練だけでなく製造まで展開する可能性を感じていたり、ユーロコプター社長が大手航空機エアバス・ジャパンの社長も兼務されていること等、今後の発展期待が寄せられているからでしょう。

 

 は今後、神戸空港規制緩和され、このように神戸空港拠点とするユーロコプタージャパン進出がさらに起爆剤となり神戸大きく飛躍できると確信しております。

 ただひとつ申し添えるなら、この誘致には神戸市職員の方々努力にも本当に感謝しています。さらに将来の戦略を描き、職員間協力体制が進めば他都市とも堂々戦えるようになるでしょう。

 

 今、橋下大阪市長松井大阪府知事神戸市への圧力がある中で、着々と切り崩していますが報道機関をはじめ市民の方々には水面下の動きが見えにくいのが残念です。でも、

        ステファン・ジヌー社長
        ステファン・ジヌー社長

 

 

     それが戦略です!

 

 

 

人気取りパフォーマンスでできるかもしれませんが、市民にむけて神戸市の為に着実結果を出すこと政治スタイルです。

 

 

 

 

神戸市会議員 平野章三

2012年

4月

22日

神戸市会議員 平野章三 ・・・ 厳しい予算 〰 特別支援学校の通学バスまで影響 〰 多額の予算がかかる中学校給食は果たして?

 

 今年2月教育委員会24年度予算案で、当初特別支援学校スクールバスの運行を縮小する方向で調整しておりました。

 

その縮小により一部の生徒が乗車出来なくなることをPTAの中では〝 障害を持つ生徒教育予算が削られる 〟等の言葉が出ていたようです。

 

 もちろん障害を持つ方教育予算だけを削る考えは神戸市もありません。厳しい教育予算枠の中で、担当課としては苦渋の判断のひとつであったと思います。

 

 しかし、PTAとしては全員乗車を再検討するよう熱心な要望活動をされていました。

その結果、教育長そして部長より 〝何事も生徒中心に考えるべき 〟との一言で全員乗車が復活しました。

 

 さらに委員会審査「特別支援学校を作り卒業できれば、自立ができたとは言えない。 自立できるよう教育していかなければ何にもならない。」熱いおもいで答弁されました。

 

こうべ盲・養P連会報
こうべ盲・養P連会報

 特別支援教育においては特に知的障害高等部の生徒数年々増加しており、高等部を独立し就労に対する教育をしっかりしたい旨を話されました。

 

 就労支援には職業科実習室作業室の充実等に力を注いでいく必要があります。

しかし、建設費約1/3の基準の補助を認めてくれますが、通常整備をすれば実質総費用1/6ぐらいの補助にしかならず大変厳しい財政負担となります。

 

神戸新聞記事より
神戸新聞記事より

 今、平成27年度までに耐震化を終えなければならない中、24年度学校統合についての重大な方針を決定しなければなりません。

 

 私は、教育長生徒の立場を重視する考えを持っていますので、スクールバス問題を機会に将来夢を持てる就労支援等、又 場合によっては学校統合のことも上から目線ではなく、教育委員会PTAの方々と同じテーブルで話し合える場を持って共に納得できる方向性が見いだせるよう今後とも努力してまいります。

 さて、中学校給食についてでありますが私は予算配分を考えれば、例えばまず全ての生徒に重点をおく必要がある特別支援学校を優先すべきであり、給食問題は財政にゆとりがあれば決して否定するものではありませんが、全員の要望でもありませんので一部厳しい環境の生徒をどのようにすれば支援していくことができるのか、そこから検討し判断すべきと思っています。

 

 政治は時には経済の発展も考え、又 厳しい立場の人には行政が支えること等、常に全体を眺めながら判断していきたいと思います。

 

神戸市会議員 平野章三

2012年

4月

17日

神戸市会議員 平野章三 ・・・ さすがと思わせる矢田市長の適確な方針と判断

 私は今まで国との戦い都市間競争重要性を申し上げてきましたが、今まさに激しい駆け引きが行われているところです。

 

 

 例えば関西広域連合神戸市にどのような影響があるのか、そして参加についても判断しなければならない時期が近づいており、又

     がれき広域処理市民の理解将来の安全面等、慎重に検討されています。

 そして特に関西電力原子力発電問題株主提案関西イノベーション国際戦略総合特区,7月に経営統合する関西・伊丹両空港による新関西国際空港会社神戸空港規制緩和 等々、行政経済界それぞれの立場で重要な議論を戦わせています。

 

 そこで特区申請について、当初神戸兵庫県での申請予定でしたが、関西経済連合会より大阪京都との合同申請強い要請があり、不本意の中、関西全体の協力体制という主旨を含んで受けることとなり、その後より認定されました。

 

そうなりますと今後認定による都市間での協議重要になりますが、実は様々な問題が絡みながら水面下での激しい戦いがすでに行われています

 

   このことは市民の皆さんに説明したい!!

   == ですが今は話せません == 残念ε-(;-ω-`A)

 

 やる気のある優秀な職員さん局間を越えた戦略を立て、そして一体となって戦っていますので神戸市として予想以上の 強い力 が今発揮されています。

 

 

 さらに矢田市長はその戦略をまるで打ち合わせしたかのように方向性も一致し、対外的に見事なまでに明確な判断を示されたことも伺いました。

 

 最近、頑固さを強く感じますが、ブレルことなく強い信念で意思表示されたことは市長として本当に信頼できると思いました。

 

 ただ、この動きは水面下で行われていることで、市民の方々からは見えにくいことが

 残念 であります。

 

 橋下市長のように、をつくりその相手をたたいて強い発信力見せつける手法まで必要ありませんが、もう少し表舞台にて市民の皆さんに“伝わる発信”をしてほしいとは願うばかりです。

 

 

 

神戸市会議員 平野章三

2012年

4月

16日

神戸市会議員 平野章三 ・・・ がれき処理基準等 == 兵庫県迷走・三木市のドタバタを県に責任転嫁 ==

 

 

 政府がれき広域処理要請道府県政令指定都市

    3月16日 送付

  →  4月 6日 回答期限

としました。

 

 

 

 地元住民理解を得ることは当然ですが、神戸市としては特に神戸沖処分場がれき焼却灰埋立安全基準等を示すよう要望してきました。

 

 

神戸市議会

3月29日意見書提出する等、条件的な問題についてまず明確にするように と冷静に行動をしてきております。

 

 しかしながら関西広域連合は受け入れ基準2,000ベクレル以下としましたが、ただその根拠大阪府の基準参考にしだけなのでしょうか?

 

 今、政府信用はなく、このように府県曖昧な基準であると信頼度はさらに低下していきます。

神戸新聞記事より
神戸新聞記事より

 

 兵庫県国の要請をそのまま4月9日県内市町を対象に受け入れの検討要請しましたが、としての統一基準を説明しながら一方で市町独自受け入れ基準容認する等、方向性も定められない迷走ぶりです。

 

 さらに神戸沖最終処分について環境省から明確な安全基準が示されていないと報告されたが、結局県内市町焼却灰最終処分先見通しがなければ受け入れの判断ができないのは当然の結果であります。

三木市役所
三木市役所

 もっとも三木市に至っては、受け入れ条件表明しましたが、実質はまだ見通しのない表明にすぎず、また兵庫県各市町の判断で安全基準を容認したことで、『責務放棄した』と批判をして一転がれき受け入れ拒否表明された。

 

 果たして拒否した理由を県に責任転嫁しようとしていることに正当性はあるのでしょうか・・・!

神戸新聞より
神戸新聞より

 

 さて、安全基準処理方法最終処分場等の課題をまず関係者協議し、見通しを立てた上で受け入れ要請を進めるべきであり、この度はあまりにも稚拙すぎた感が致します。

 

 

世論等の流れに右往左往せず

 何事も冷静

 ブレず

 自信を持って

     進めていきたいものです

 

 

神戸市会議員 平野章三

2012年

4月

14日

最後になりましたがヾ(*・∀・)ノ゙

 春の日差しがうれしい季節になりました。こんにちはA・Kです (。・)b+。゚・*:

 

日毎に暖かくなっていくこの時期、希望に満ちた通学途中の子供達の声で平野章三事務所前はにぎやかです。

 

 以前より平野章三がお伝えしていました東舞子小学校の第2運動場、今はまだ工事中にようですが、完成が楽しみです (*゚▽゚*)

私の子供も通っていますので、児童数増加により、仮設校舎が建ち、運動場が狭くなっていたことは実感していたことです (-ω-;)

 

今回のように地域の声を聞き、協議してくださり、実現へ向かうってとてもうれしいことです。これで子供達ものびのびと活動でき、遊びの世界もぐんと広がることでしょう。

やはりこれからの日本を背負っていく子供達が豊かに育ってくれることは皆が望むところです。 何よりも平野章三子供達の明るい笑顔を楽しみにしているのです(∩_∩) 

 

実は平野章三、政治だけでなく教育にも熱心なのです。

 

私の小学生と高校生の子供達にもいつも気にかけてくれるのです。

その時々に親として何をすればいいのかよく知っておられ、「今は子育てが一番大事だから」と、家庭が疎かにならないように気を使って下さいます(o-´ω`-)

 

又お料理も得意で、自宅ではご自分でされるとのこと □_ヾ(・_・ ) 

どこにそのような時間があるのか驚くばかりですが、仕事をこなしていくスピードを見ていると納得します。とにかく早いのです (゚ロ゚屮)

 

何が最善かを判断し、決断していき、又その方向性がいつも適切なのです。

今できることを持ち越さないのでいつもフレッシュで、パワフルです ε=ε=(o・・)o。

何事も手間を惜しまず、丁寧に、結果、スムーズに運び、時間も有効に使えるのでしょう。

 

 

ここで私事ですが、私A・Kは事務所を退職させて頂くことになりました。 

平野章三事務所では至らないことも多くありましたが、いつも温かくご指導して下さった平野章三皆様のおかげで楽しく、意義深い毎日を過ごさせて頂きました。

これからもがんばっていきます (*)

 

皆さんこれからも平野章三を宜しくお願い致します(▽`o)(o´▽)

                                                   A・K

 

 

2012年

4月

10日

神戸市会議員 平野章三 ・・・ 国の責任がいつの間にか自治体責任のように「野田佳彦首相」~~ "日本人の国民性が試されている" と ~~

 政府より被災地がれき広域処理について全国自治体要請がありました。

 

最も重要なことは、市民十分な説明とご理解を頂くことであり、その為にはがまず先立って安全基準処理方法等について明確な説明とともに方針を示すことが必要であります。

 

 そこでは・・・


 神戸市議会として意見書を提出する必要があると考え、市会提案することに致しました。

意見書の文案作成とともに予算市会最終日の本会議にて提案説明をした結果、3月29日 に意見書提出することを全議員賛成により可決して頂きました。

 


 

 神戸市としての条件的な問題に対してがいまだに方針を示しておらず、このような状況を神戸市民の皆さまには報告すべきと考えましたのでご覧いただきますようお願い申し上げます。

   

神戸市会議員 平野章三

 

 その後神戸市が環境省へ要望していました5項目課題について災害廃棄物広域処理要請の回答期限である4月6日より回答がありました。

 しかし神戸市は「不明な部分が多く判断できない」として受け入れ可否保留回答を提出しております。

2012年

4月

06日

政治家 平野章三の着眼点と直感力!!

 今さらですが、政治家 平野章三着眼点はスゴイ(☉∀☉)

この事務所に来て5年になりますが、今さらながらにすごいなぁ~と驚く事があります。

 

ご存知の方も多いと思いますが、平野章三垂水舞子市政相談のコーナーを出しています。

そこでご相談される方や、事務所お電話で陳情される方の問題について、中には即答できない問題も多々あります。

 

そんな時も必ず・・・

 

調べて後日お返事をします。

また現場に出向き必ず自分の目で確かめ、調査し答えを導き出し解決に至ります。

 

決して「無理です」と言わないのです。

それも着眼点がずれていないから出来ることですよね。

 

中には、「今まで何年悩んでいたか、何人の先生にに相談したか(-_-)・・・ハァ・・・

解決してくれたのは平野先生だけです (o^-^o)

と嬉しそうに事務所にご報告に来られる方も・・・

そんな時は私たちまで嬉しくなります。

 

もちろん皆様のそんなお声を報告した時平野章三は本当に幸せそう・・・

それから直感力!  これもすごい!

生まれ持ってのセンスなのか、長年の経験からくるものなのか・・・

 

実はC ・J 直感力に関してはいささか自信がございます(⌒・⌒)ゞイヤァ

生まれてこのかた〇〇まずはずした事はございません( ̄ー ̄)//”” ぱちぱち

 

 しかし私の場合は殆どが自分自身の為や自分の身近な人たちの為で、平野章三の場合はそれが政治的見解からの視点なのがすごいのです。

 

そんなの政治家なんだから当たり前でしょ! と突っ込みがきそうですが、これがどうして結構難しいんですよ、はい  ̄Д ̄ =3 ハァ

 

この問題は直ぐに行動した方が良いとか・・・

これは少し時期を待った方が良いとか・・・・

それはどの方向に言うべきかとか・・・

何時どんな時に何を聞いても、まず今何をするのかが明確指示されます。

 

本当にいつもいつも政治の事ばかり考えていて身体が大丈夫かと事務所としては心配になってしまいます  ( ´・ ・)・・・・

 

まっ、平野章三の場合は政治の事を考えている時が一番リラックスしている時なのかも知れませんが・・・

 

そういえば、C ・J 時々スルーされます(・_・)

ああいう時エネルギーを離して心身共にリラックスしているのかも知れませんね

あっ、噂をすれば平野章三から電話です ・・・ では皆様そろそろ、今日のツブヤキはこの辺りで・・・ゴキゲンヨウ

 

C ・Jでした

 

      C ・J

2012年

4月

04日

定例市会 傍聴してきました (o^ ^o) /

 こんにちは♪ 事務所のM・Nで~す(●^o^●)

先日、 [予算特別委員会企画調整局)]を傍聴してきました。

むずかしいことはわかりませんが、 n(ー_ー?)ン?

おそらく役所としては  「予算を考えたから、承認しろ~!」

という会議ですよね?

 

今回も章三は 経済的発展につながるように!と 神戸市発展のことを戦略的に熱く語りました。

 

ところで最近、質問の内容が紙面メディアでもとりあげられていますよね!

話題の3月6日の予算市会・・・

 

平野章三の 熱~いおもい 直接 動画 でお届けします♪ (*≧▽≦)bb

 

                                                                                                      M・N