2012年

3月

30日

神戸市会議員 平野章三 ・・・ “ 各自治体の受け入れ要請 ”へとエスカレートする 国のがれき広域処理問題

 被災地のがれき広域処理要請各自治体にされた野田佳彦首相 日本人の国民性が再び試されている〟 と指摘・・・

 

 この頃から受け入れ表明をしていない自治体肩身が狭く感じさせるようなマスコミ日本の風潮、そして冷静な判断が失われていくのが目に見えるような感じがします。

 

いつの間にかの責任が各自治体の責任であるかのように変わっていくことに危惧しています。

 

そして〚がれき〛という一言の表現で ~~

 

しかし、そこには不燃物可燃物の種類、再生利用物セシウム濃度水溶性安全基準処理方法財政負担の問題、そして最も重要な地元住民説明と理解などに対し、国はまず明確な基準や考え方を示すべきであります。

 そこではじめて各自治体地元住民が判断することができるのであります。

 

 受け入れ表明した自治体でも必ず一定の条件をつけ問題点の指摘や解決等を求めていますので、結果的にはの考え方を示さなければ受け入れは簡単にできない状況であります。

 

加古川市役所
加古川市役所
三木市役所
三木市役所

 

 加古川市議会の〝がれき受け入れ決議〟 も最終処分の完結まですべて加古川市で出来る上での決議であれば評価させていただきます。

 

 しかし、〝市民の理解を得ること〟を前提と条件をつけられ、さらに焼却灰の処分神戸沖処分場海面埋立)も見通しをつけずに決議だけを行い、後は加古川市に対応をまかせるとしたならばそれは責任なき行動ではないでしょうか。

 

焼却炉
焼却炉
フェニックス(神戸沖埋立処分場)
フェニックス(神戸沖埋立処分場)

 又、三木市も受け入れについて条件の表明であり、その条件はやはり住民の同意を得られることや、明確な考え方を示していない神戸沖処分場(大阪湾フェニックス計画) に最終処分すること等を条件にしており、同市民間最終処分場には拒否の意思を示すなど何ら目途が立っていない状況での条件付表明はまさにパフォーマンスに見え、一体何の意味があるのでしょう。

 

 

 関西広域連合も何をもって2000ベクレル以下に、そして又その他の問題にも言及せず受け入れの決定をされたことに各自治体への責任が持てるのでしょうか。

 

 方針の決定をされた兵庫県自体 処分出来ず各市町村に依頼せざるを得ない状況であります。

 そこで神戸市会としては、まずが先立って種々の課題に対して明確な基準や考え方を示すことが必要であると 《意見書》を提出致しました。


 いずれにしても地元住民理解が最終的に最も重要な課題であることは各自治体も同じことであり、パフォーマンスに踊らされず、政治活動に責任ある行動だけは貫いていくつもりであります。

 

神戸市会議員 平野章三

2012年

3月

26日

神戸市職員の中からやっと戦う姿勢,やる気が見えてきた!

3月12日 定例会見
3月12日 定例会見

 

 矢田神戸市長行政マンとしての実力そして安全運転神戸市政十分評価できますが、時代の変化とともに国との戦い都市間競争政治力がないと前進していけなくなってきました。

 

 現在3期目矢田市長は副市長,局長をはじめ職員の方々との年齢実績ギャップが大きく、

職員から意見政策提言ができる状況ではなさそうであり、このままでは組織の活力が失われていく一方であります。

 

 

 市長は今日まで豊富な行政経験がありほとんどの政策判断ができる自信を持っておられると思います。

聞こえてくる話の中には、

 「(市長は)行革など十分行ってきている・・。わかってくれる人は必ずいます。」との考えがあるようで市長自身で納得されようとしています。

 

 しかしこのままでは情報が上がらず組織力を使っての戦略も描けないように思えます。

 

 さらに今は強いリーダーシップ発信力を持った政治力が求められ、その行動力が注視されています。

 

 

 そのような中、例えば今日まで神戸空港発着枠拡大や運用時間の延長等、規制緩和を国に要望していますが、大阪自治体経済界圧力により実現できない状況であります。

 

 一方、特区構想では大阪自治体経済界単独では認められないだろうとのことで、先端医療関係の神戸市取り込みたく抱きついてきたのでありますが、神戸市無条件で受けてしまったことの無神経さは嘆くばかりであります。

 

そこで私は神戸市の幹部職員にだけのことを考えず、 神戸市全体の戦略 を描いて判断するよう局間職員間協調し合ってほしい旨、申し上げました。

今年に入ってにわかに戦う姿勢が職員間で見えてきました。

 

 やはり神戸市職員さんはレベルが高く個人の能力戦力すばらしいものがあります。

 

ただ役所組織の中、実力発揮しきれていないことも多く、また優秀なだけにその気持ちを抑える自制心も持っておられます。

 と違って暴れることもできず気の毒でもありますが、そこに行政政治には違った戦いがあるのでしょう。

 

 余談でしたが、以前にも申し上げました関西イノベーション国際戦略総合特区関西電力株主提案問題関西広域連合関空伊丹統合等、都市間での複雑な駆け引きが水面下であり、今まさにもっとも重大な時期に差し掛かっています。

                         関西国際空港       伊丹空港       神戸医療産業

 

 そこではこの機会、非常に厳しい神戸空港規制緩和等について、例えば戦略室のメンバーのような決意で、やる気のある職員さんが、共にスクラムを組み勝負をかけてくれることを期待しています。

この戦略 最後は市長が先頭に立って戦っていただきたい・・・!

 

 必ず 成功へと導きます!!

 

 いつの日かこの戦略をご披露したいと思います。それができる時、神戸市明るい未来が見えてくるでしょう。

   無理して仕事しなくても 市会議員

 

   必死で戦い続けても 市会議員

 

 

 

この度は神戸市職員さんと共に戦える大きなチャンス

悔いのない戦い~  もうスタートしました・・・

 

神戸市会議員 平野章三

2012年

3月

20日

要望し続けた ~西神戸医療センター~ やっと!

== 手術室増築・一般病床増床へ 

         いよいよ着工

      今後は 西市民病院も ==

 

  神戸市最後の砦として3次高度医療に位置づけられている中央市民病院2.5次医療西神戸医療センター2次医療西市民病院高度医療救急医療等に日夜懸命の努力を続けております。

 

 その中で昨年2月8日のブログでも申し上げてきました 西神戸医療センター について、現在も1日1800人の患者さんが来診され、一般病床400床手術室6室フル稼働しても受け入れ限度超えている状況が続いています。

 

 そこで保健福祉局機能改善強く迫り続けましたが

 開院が平成6年でまだ20年経過していない中で増改築難しい、また病床数の増床について結核病床100床のうち50床一般病床にするよう申し入れました神戸圏域病床過剰地域であるため承認が得られない等、今日まで改善できませんでした。

 しかし要望を続けてきた結果、やっと増床増築できることになったのは、医療分野最優先に活動してきました私にとりましてもほっとする思いです。

 

 

 一般病床についてはタイミング良く神戸圏域537床増床の見直し示され、結核病床50床廃止の上、その50床一般病床として私が求めるとにより、結果25床増床と決定されました。

 そして5階の手術室は 現行6室より → 8室 へと病院東側に増築、あわせて3~4階を含めて約1600㎡有効活用ができることになるのです。

 

 敷地に余裕がなく病院本体に接する増築になるため12億工事予算になりますが、スケジュールとして24年度設計着工、そして26年度竣工予定ですので、この時点で患者さんの診療体制がやっと改善されるようになります。

 

 私は同時に西市民病院2次から → 2.5次医療水準引き上げ並行して収支改善するように強く求めてきました。

 

 以前、院長とも話し合いをしたところ、 「少し時間を頂きながら救急受入れや高度医療に繋がる診療科など十分配慮して経営改善していきます」との方針伺いました。

 

 結果この2~3年の間で間違いなく改善されてきています。私が考えるには、あとこの西市民病院2.5次医療水準になれば神戸市内の市民病院群としては安心できる体制整う思います。

 その為には西市民病院高度医療機器をさらに導入し、医療従事者施設環境整備をするように引き続き予算要望しながら今後も実現に向けて確実に進めてまいります

 

神戸市会議員 平野章三

2012年

3月

15日

関西広域連合って何するところ?

矢田市長が予算本会議で説明するぐらい重要議案

 

=しかし予算委員会資料もなく説明もないとは=

 

 関西における広域行政出先機関受け皿づくり等を展開しようとする関西広域連合構成団体滋賀県京都府大阪府兵庫県和歌山県鳥取県徳島県は、法的に位置づけられた特別地方公共団体であります。

 

 そこへ神戸市加入ありき矢田市長発言の後、6月議会で承認頂きたいと予算市会で表明。 

しかし・・・

 所管局企画調整局では資料配布等による説明も全くしないとは?

 

~~~ 議会軽視も甚だしい ~~~

 専門的な説明はしませんが、広域連合の主な実施事務広域防災救急医療等と聞きますと、お互い助け合いということで何となく評価できそうなイメージであります。

 ところが他に関西全体産業環境保全重要事項広域連合委員会で決定したり議会の議決をされると、神戸市が実施する事業整合性が計れない場合に大きな影響が出るのではないでしょうか。

 例えば出先機関国土交通省 地方整備局等の受け皿に広域連合がなった場合、政令都市神戸市としては今まで地方整備局を通じて直接協議を進めていましたが、権限や運営が広域連合に代わり、今度は都市間調整等の問題が生じかねない可能性もあり、このような議論が全くされていません。

 

 又、被災地瓦礫についてセシウム等の基準値や受け入れ表明等、広域連合委員会決定議会議決した場合でも府県で対応できるとはかぎりません。

 府県の中で兵庫県を見ますと、としての受け入れ体制ありませんので、もし処分をするならば神戸市を含めて各市町村が行うことになります。

 

 実行できないのに基準値受け入れについて決定議決だけをされれば、各市町村地元協議必要とする重要な課題に対応した上でないと混乱が起きかねないのです。

 

 未だに水溶性の高い放射性セシウム環境省でも処理方法基準もありませんので判断が出来ない状況であります。

神戸沖 海面埋立
神戸沖 海面埋立

 又、フェニックス神戸市の海面埋立)での処分は、168市町村合意がなければならない程単純に処分できない事情があり、広域連合に加入すれば決定や議決に参加しながら神戸市では対応できないこともあり、大きな矛盾が生じてきます。

 

但し、この瓦礫処分問題広域連合の権限について分かりやすく説明するための例示であり、3月11日野田首相の会見で被災地以外都道府県瓦礫処理の対応策を文章で正式要請するとの発表については広域連合の権限とは別問題の重要課題ですので申し添えておきます。

 そして、意思決定人口割という不明瞭な基準のままで合議制がとれるのか等、まだまだ曖昧な問題が多いのが現状であります。

 

 にもかかわらず、加入ありき発言審議対象にも入れないなどの状況で矢田市長はじめ、幹部職員の方々は当然議会はいつも承認してくれるものと思っているならば

 

                              議会は完全になめられているのであります!!

 

 

    滋賀県          京都府          大阪府          兵庫県

   和歌山県          鳥取県          徳島県

 

 

その意味では安全運転神戸市に対して厳しくチェック機能を果たすことは当然ですが、は常々神戸市発展に繋がるかどうかを基準とし、さらに具体的提案を積極的に行いながら新しい発想改革が生まれるように努力してまいります。

 

                                        

 尚、政府のガレキ受け入れ要請については神戸市が以前より環境省に問題提起していますが、未だ回答のない状況です。

 

 そこで3月15日に自由民主党神戸市会議員団総括質疑で取り上げ、

 

 「環境省として問題点を解決することが市民の皆さんにご理解いただくことになり、そのことが各自治体受け入れ参考にもなる」

 

と申し上げており今後も継続して努力してまいります。

 

神戸市会議員 平野章三

 

2012年

3月

10日

橋下市長の株主提案に ~関西電力も動き出すが~ 矢田市長の戦略はあるのか!

 

エネルギー問題国民にとって今後の大きな課題になってきましたが、脱原発再生可能エネルギー国民生活経済政策等々国民意思表示して頂く必要があるでしょう。

 

 しかし原子力再稼働問題需要の見通し燃料確保再生エネルギー発送電分離等、明確な方向性は見えず、もちろん具体的に何一つ示していない中では判断出来る訳がありません。

 

 そこでこの度の株主提案は大変注目をされる一方、関西電力もこの間の対応とともに多方面に理解を求める等、活発に動き出しましたので、神戸市長大阪市長関西電力、それぞれの立場動き目が離せなくなってきました。

 

 株主総会では提案内容が重要で、定款変更の議題にあたるのか、議決では3分の1以上の出席で3分の2を確保できる見通しがあるのか内容から議案の出し方等まで非常に難しい判断が求められます。

 

 何故なら株主は、基本的に利潤経済活動重点を置くことが大きいと思われますので、その意味では相反する議案否決の公算が大きく、果たして橋下市長意図がどこにあるのかを見極めた上で神戸市判断しなければなりません。 但し神戸市株主提案をしなければ橋下市長は間違いなく神戸市攻撃を仕掛けるでしょう。

 

 又、単に株主提案し、否決されれば関電批判をさらに強めることで戦っている姿国民見せることが橋下市長目的であるならば、純な共同提案するのではなく、神戸市の立場で提案すべきと思います。

 

 私自身は、私なりに流動的な中で戦略は描いておりますが今具体的な内容は申し上げられません。

 

 ただ矢田市長としては、これからの行動が大きく影響しますので、神戸市民そして国民目線でさらに神戸市将来を見据え多角的な観点から判断してもらいたいと思います。

 

~~~ 非常に高度な政治決断 ~~~

 

矢田市長強い発信を期待したい!

 

                神戸市会議員 平野章三

2012年

3月

05日

神戸市水道施設を大阪市100%出資会社のお世話に?

~~~ この緊張感のない神戸市水道局

 100%出資水道サービス公社はもういらない ~~~

 

 先日水道委員会があり、水道局の 「水の科学博物館」は大阪市出資会社管理して頂くことになりました。

 すでに公募され指定管理者選定された後の審査ですから余程の問題がない限り認めざるを得ません。

 

実に情けない内容の審査であります

   

 そこで委員会にて水道局公社姿勢を正しましたが他人ごとのような水道局答弁に、もう公社解体をすべきと感じました

 

 何故なら公社90%水道局からの収入であり、又 公社との随意契約で実施されており、水道局直接の業務対応も必要ですが、大半の業務民間開放可能であります。

 

 ただ、すぐ解体となると神戸市 又は関係団体200名弱公社職員受け皿を作らねばならず、これでは実質的改善になりません。

 

 そこで順次民間開放による縮小を計る方向で進めるよう指示しました。

まずメーター検針で未だ2センター(中央区兵庫区垂水区西区) が民間開放されておらず25年度を目途に民間委託をし、メーター取り替え業務 (年間10万件強) も同様に実施していくべきと申し上げました。

 突然具体的な計画提案でしたが、今回の問題を受け検針については25年度中で対応するとの答弁をされました。 

 

 しかしメーター取り替えについては技術面専門性安全性信頼性・・・等々当面民間では出来ない などと訳のわからない理由を並べて民間開放について拒否されました。

 

何を考えているのか!

 

大阪市水道局 水道記念館
大阪市水道局 水道記念館

 私は〝水の科学博物館〟も不必要だと思っている上に大阪市100%出資会社にお願いするぬるま湯に浸かった水道局は少なくともメーター取り替え業務を、例えば地域モデル事業として検針と同じく25年度には実施すべきだと再質問致しました。

 

 結果、検針取り替え業務は申し入れ内容通り行うとの答弁をやっとされまた。

 

 

 外郭団体巨額債務問題をはじめ無駄判断された団体は極力削減という流れからも、この度水道サービス公社に対して数字なり方針指示出来たことはまず一歩前進として今後具体的な成果期待できると思います。

 

~~~ 市民目線で常に厳しい対応を これからも ~~~

 

 

神戸市会議員 平野章三